【衝撃事実】さんま御殿の最後にご飯を食べる理由って知ってますか…?誰もが気になる番組の裏情報!

sanmagoten

さんま御殿の概要

「踊る!さんま御殿!!」は、前述の通り1997年から日本テレビ系列で毎週火曜日の19時56分から放送されているトークバラエティ番組です。司会の明石家さんま氏は「御殿の主人」という設定で、ゲストの方々を御殿に招き入れて身の回りの出来事や体験談を、さんま氏に指名されたゲストの方が話していくという番組形態となっています。

元々は、さんま氏が同じ日本テレビで司会を務めていた「恋のから騒ぎ」の芸能人版というコンセプトでスタートした番組だそうです。またさんま氏の意向により、予告やダイジェスト映像以外ではテロップを一切使わないようにしているそうです。

番組の最後では、ゲストの方が用意した料理やデザートを食べながら、その日の反省をする流れとなっています。非常に活躍するのが難しい番組であることが有名で、2度出演したことがある評論家の宮崎哲弥氏曰く、「司会のさんまが番組中に行う『ネタふり』に対して出演者(特に芸人)が過敏に反応し適切な対応ができなければ2度とオファーが来ないため、極めて緊張感の高い現場」だそうです。