【緊急追放!?】タカアンドトシが消えた理由が芸能界を揺るがす事態に・・・理解不能な言い訳にポカーン(゜Д゜)(画像あり)

download

 

10年間、一緒に走ってきた愛犬との最後のアジリティー(障害物競走)を迎えました。すっかり老犬となってしまい、決してスピードは早くありません。でも、飼い主さんに指示された障害物を確実にこなしていきます。飼い主さんは足に負荷がかかるジャンプなどの障害物はやらないよう誘導しています。そして、ついに最後の走りが終わりました・・・

苦楽を共にした愛犬に「敬意と感謝」を込めて強く抱きしめる飼い主さん。その姿に思わず涙・・・。

引用元

5年前、目の見えないアライグマがご飯をもらうために、家の庭にやって来るようになりました。そして、アライグマはある日、2匹の可愛らしい子猫を連れて来たのです。

その日以来、子猫達はアライグマをサポートしながら毎日庭に姿を現し、アライグマと一緒にご飯を食べるようになりました。

 

残念ながらアライグマは2年前に亡くなってしまいました。アライグマは毎日の暮らしを楽しみながら、長い人生に幕を閉じたのです。

そして、家の庭には2匹の子猫が残されました。住人家族は2匹を心配し、保護することにしたそうです。

「私は2匹を保護しましたが、とても野生的だったため、保護施設に連れて行こうと考えていました。しかし、彼らは少しずつ人間に慣れ、家での生活に適応していったのです。現在、彼らは私の家で他の猫と一緒に暮らしています」と住人の女性は言いました。

「そしてある日、2匹は私のために必要だったことが分かりました。彼らが家に慣れた後、私は母と15歳の愛猫を僅か9日間の間に失いました。私はしばらく悲しみに暮れましたが、彼らがそこから助け出してくれたのです。」

こうして盲目のアライグマが連れて来た2匹の猫は、家族の心を癒す存在になりました。もしかするとアライグマは、ご飯をくれた家族へのお礼に、2匹を引き合わせてくれたのかもしれませんね。

 

引用元